スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「自分で調べて採点できる 化粧品毒性判定事典」
検索しているうちに見つかった本。
著者の立場に異論を唱えるひともあり、
その真偽は今の時点では定かではないが、
世の中のほとんどの化粧品を敵にまわした勇気ある1冊。


自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典
(2005/10)
小澤 王春

商品詳細を見る


「採点」というわかりやすさで購入したが、
手持ちの自然派化粧品のあまりの毒性に衝撃を受けた。
もちろん、国内外大手化粧品メーカーのものよりも
マシだとは思うが。この調子で行くと、
世の中のほとんどの化粧品はNGなんじゃないだろうか。

「Aよりマシだから、Bを選んどくか、とりあえず」
くらいのいい加減さを持ち合わせていない方は、
読まない方が無難です。

+++++++++++++++++++++

なお、記事に出てくる■や△の数は
毒性を示す指標です。
著者の提案する採点法を採用しています。

洗顔化粧品          ■4個以上は不可
シャンプー・リンス  ■5個以上は不可
ヘアクリーム        ■6個以上は不可
ボデイ化粧品      ■4個以上は不可
化粧水・美容液     ■4個以上は不可
乳液・クリーム      ■5~6個以上は不可
クリーム状・液状ファンデ■6個以上は不可
リキッド・ファンデ      ■5~6個以上は不可
粉状ファンデ・チーク ■6~7個以上は不可
アイシャドウ             ■5個以上は不可
マスカラ             ■5個以上は不可
口紅                ■3個以上は不可
△は2~3個で■とする。
(注意事項等の詳細は割愛します)


++
ブログ村に登録しました!よろしければポチッと。
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:オーガニックコスメ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/07/31 23:00】 | | トラックバック(1) | コメント(0)
はじめに
育った家庭の影響もあり、
石油系、鉱物系、合成界面活性剤系、
合成ポリマー系のスキンケアやコスメを
長年にわたって避けてきました。
(…とはいっても、
出来る限り良さそうなものを、直感的に選んでただけですが)

20世紀には、かなり変人めいていた母や私の購買行動も、
21世紀になって、少しは普通のことになってきました。
どこに行ってもオーガニック製品が買えるようになって、
なんだかうれしくなり、
「少々高くても、肌にも環境にもいいからいいや」と思い
オーガニックコスメ三昧の日々を送っていました。

…しかし。
なんだかちょっと刺激が強かったり、
オーガニックにしては変だと感じることも時々あり、
この機会に、手持ちのものをちょっと調べてみようかと思いたちました。
せっかくなので、自分用のメモを公開します。


++
ブログ村に登録しました!よろしければポチッと。
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

テーマ:オーガニックコスメ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/07/01 23:00】 | はじめに | トラックバック(1) | コメント(0)
MAHARAN  香る髪
ヘナ <着色剤、ヘアカラー>■
シカカイ <?>
アムラ <?>
カチュールスガンディ<?>

モティアロッシャオイル<?>

合計 ■??

+++

成分表示判定本には、
載ってない成分で出来ている。
現時点で、信頼できると感じているヘナの会社が
出している洗髪粉(シャンプーではない)。

サポニン(石けん)成分がふくまれる
シシカイという実の粉でマッサージする。
髪はすべすべする。
ほんとうに、使い心地を試したければ、
石けんシャンプーなどを含む、
「シャンプー」文化との決別が必要な模様。




ブログ村に登録しました!よろしければポチッと。
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

テーマ:オーガニックコスメ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/06/07 23:00】 | ヘアケア | トラックバック(0) | コメント(0)
Dr.Hauschka マカデミアオレンジシャンプー
Dr.ハウシュカ マカデミアオレンジシャンプー

水 <溶剤>
デシルグルコシド <合成界面活性剤、洗浄剤>■■
ベタイン <アミノ酸誘導体、保湿剤>
ヤシ油アルキルグルコシド <合成界面活性剤、洗浄剤>■■
酒石酸Na <ph調整剤、アルカリ剤>
ソルビトール <香味料、保湿剤、柔軟剤>
ミリストイルグルタミン酸Na <合成界面活性剤、洗浄剤>■■
コロハ種子エキス <芳香性エキス、香料>■
メリアアザジラクタ葉エキス <保湿剤、アトピー用入浴剤>
ローズマリーエキス <芳香性エキス、酸化防止剤>
カプリル酸グリセリル <合成界面活性剤、乳化剤>■■
クエン酸Na <緩衝剤、キレート剤>
ココイルグルタミン酸Na <合成界面活性剤、洗浄剤>■■
エタノール <溶剤、可溶化剤、収れん剤>△
加水分解コムギタンパク <保湿剤、界面活性剤>■
グアーガム <結合剤、乳化安定剤>
キサンタンガム <天然ポリマー、乳化安定剤>
イラクサ葉/茎エキス <保湿性、収れん剤>
香料 <単一香料または、調合香料>■
コンドルスクリスプスエキス <保湿剤、皮膜性>
加水分解乳タンパク <?> 
キョウニン油 <油剤、閉塞剤>
マカデミアナッツ油 <油剤、閉塞剤>
オレンジ油 <香料、精油>■
メリアアザジラクタ種子油 <油剤、閉塞剤>
トウガラシ果実エキス <トウガラシチンキ>■ネ
酸化鉄 <顔料、紫外線散乱剤>

合計 ■■■■■■■■■■■■■■■

++
ローズクリームのような良品を世に出しながらも
こんなことになってるのは何故。。。。
匂いにくせがある。



ブログ村に登録しました!よろしければポチッと。
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

テーマ:オーガニックコスメ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/06/07 23:00】 | ヘアケア | トラックバック(0) | コメント(0)
frantsila オーガニックトリートメント ルーセントパウダー
オーガニックトリートメント ルーセントパウダー

タルク (充てん剤、滑剤)
酸化亜鉛 (顔料、紫外線散乱剤)
ミスチリン酸亜鉛 (抗ケーキング剤)
炭酸mg (吸着剤、充てん剤、香料担体)
カオリン (スクラブ剤、充てん剤)
スクワラン (油剤、エモリエント剤)
結晶セルロース (植物末、スクラブ剤)
ホホバ種子油 (油剤、閉塞剤)
トウキンセンカエキス (芳香性エキス)
カミツレ花エキス (芳香性エキス、閉塞剤)
カニナバラ花エキス (果実エキス…保湿性、収れん性、癒傷性)
ラベンダー油 (香料、精油)■
ダマスカスローズ油 (香料、精油)■
ローマカミツレ油 (香料、精油)■
マイカ (顔料、滑剤)
酸化チタン (顔料)
酸化鉄 (顔料、紫外線散乱剤)


合計■■■(とはいえ、3つ精油のパーセンテージによる)

+++
これは買っていいかも。




ブログ村に登録しました!よろしければポチッと。
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

テーマ:オーガニックコスメ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/03/16 23:00】 | ファンデーション | トラックバック(0) | コメント(2)
Dr.Hauschka サンスクリーンミルクSPF15
水 <溶剤>
ホホバ油 <油剤、閉塞剤>
ピーナッツ油 <油剤、閉塞剤>
エタノール <溶剤、可溶化剤、収れん性>△
シア脂 <油剤、閉塞剤>
クインスシードエキス <親水性増粘剤、感触改良材>
酸化チタン <顔料、紫外線吸収剤>
アーモンド油 <油剤、保護剤>
アイスプラントエキス <不明>
ステアリン酸スクロース <合成界面活性剤、乳化剤>■■
コポリマー(アブラナ種子油/シナアブラギリ種子油)<油剤、閉塞剤>
レシチン <界面活性剤、乳化剤>△弱い
アボカド油不けん化物 <油剤>
香料 <単一香料または、調合香料>■
オリザノール <抗酸化性、紫外線吸収性>

合計■■■■

+++
信頼性の高いDr.ハウシュカだけれど、
サンスクリーンはやっぱり■4つ。
日焼け止めの選定は、なかなか一筋縄にはいかない。

テーマ:オーガニックコスメ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/02/04 23:00】 | スキンケア | トラックバック(0) | コメント(0)
BDIH
オーガニックコスメのボトルには、いろいろなマークがついている。
数ある認定団体の中でも、一番厳しいのがBDIHらしい。
毎年認定が更新されるため、
自社の畑がいくら厳格に有機栽培を守っていても
近隣の畑で農薬を散布したりすると、
認定が取り消されるらしい。
すごいね。


exp_bdih01.jpg




BDIH : D-60161 Mannheim, L11, 20-22, Germany


ロゴナのサイト内にあるBDIHの解説
ほとんどは、いいことが書いてあるけど、
「…基本的に製品の防腐は、天然の防腐効果のある
 原料によって確保する。天然界に存在する、安息香酸、
 エチルエステル、アスコルビン酸などの使用は認める…」
という記載が。つまり、これか。。。
有機栽培の植物の力で、相殺してほしいなぁ。

テーマ:オーガニックコスメ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/02/03 00:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Dr.Hauschka ローズデイクリーム
ローズデイクリーム

水 <溶剤>
ピーナッツ油 <不明>
アルテアエキス <収れん性、保湿剤>
ミツロウ <油剤、乳化安定剤、結合剤>
アボカドエキス <保湿剤>
セイヨウオトギリソウエキス <保湿性、収れん性>
シア脂 <油剤、閉塞剤>
レシチン <界面活性剤、乳化剤>△弱い
香料 <単一香料または調合香料>■
ガリカバラ花ロウ <不明>
ガリカバラ花エキス <保湿性、消炎性、抗菌性>
ノバラエキス <不明>

合計 ■+不明

+++
不明点は多いものの、
Dr.Hauschkaは、なんとなく信頼出来る気がする。
ただ、今まで使ったクレンジングミルクや化粧水は、
アルコールが強くてリピートはしなかった。

テーマ:オーガニックコスメ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/02/02 23:20】 | スキンケア | トラックバック(0) | コメント(0)
aubrey organics ホホバ&アロエ ヘアコンディショナー
ホホバ&アロエ ヘアコンディショナー

ヤシ脂肪酸 <油剤>
ホホバ油 <油剤、閉塞剤、ワックス>
アロエベラエキス-2 <保湿、抗炎性>△

<合計△>

+++

使ってて気持ちいいものは
やっぱり、毒性も低いのかと納得。
また、これに戻そう。

テーマ:オーガニックコスメ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/01/31 00:12】 | ヘアケア | トラックバック(0) | コメント(0)
aubrey organics GPBヘアコンディショナー
GPBヘアコンディショナー

リノレン酸 <油剤、不飽和脂肪酸>
リノール酸 <油剤、不飽和脂肪酸>
オレイン酸 <油剤、脂肪酸>
乳タンパク <保湿剤>
ローズマリーエキス <芳香性エキス、酸化防止剤>
セージエキス <芳香性エキス、消炎性>
スギナエキス <保湿性、消炎性、収れん性>
フキタンポポエキス <保湿性、収れん性>△
イラクサ葉エキス <保湿性、収れん性>
オイスターエキス <保湿性>
システイン <酸化防止剤、還元剤、香料>
シスチン <不明>
メチオニン <アミノ酸類>
グレープフルーツエキス <防腐剤、保湿性>■
ビタミンA油(5?000IU/g) <ビタミン類、上皮形成作用>
トコフェロール(天然ビタミンE) <酸化防止剤、V.E>

<合計 ■△>

+++
オホバ&アロエと比較したい。

テーマ:オーガニックコスメ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/01/31 00:08】 | ヘアケア | トラックバック(0) | コメント(0)
お魚が困らないスキンケア。


巷にあふれる「オーガニックコスメ」は ほんとうに安全なのか。 海にダメージを与えない。 土壌にダメージを与えない。 肌にダメージを与えない。 そんなキレイを探すためのメモ。

プロフィール

ten

Author:ten
ひとなみのキレイは
維持したいけれど、
肌や地球の
環境破壊はしたくない。
そんなワガママを
平和的に叶えたいと
思っております。

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。